スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# 食と生命の愛の学校説明会

来る11月3日午後1時から、ひまわり2階にて、開催します。

興味のある方は、faxにて申し込みしてください。

おもしろ体験もあり!?

住所、名前、夢、特技など明記して、fax 075(931)1497まで。

詳しくはwww.naoruchikara.jpをご覧ください。

スポンサーサイト

kara

お詫び致します

おはよう御座います。

このブログを読んで頂いている方々へ

今夏、課題と仕事が建て込み8月4日までのお休みを

いただきます。

また逢う日まで!

はんなりおしやす あんたは、肩が、悪いなあ  ③

     あんたは、肩が悪いなあ~

 私が、小学校六年生の時、父が交通事故でなくなり、私の6歳の
時から住み込みで働いていた母が、帰ってきました。父の通夜の
日、母の姉(叔母)がやってきてくれ、何くれとなく今後のことや私
たちの将来について、相談をしていました。聞くとはなしに聞いて
いました。
 叔母は『あんたも、よくよく肩が、悪いなあ。利っさんが商売に失
敗して、奉公にやられて、それがまたこんな、早ように死んでしま
われて。四人の子はどないして育てていくんや?』と心配している
のです。母は、『まあ、わての人生こんなもんやろ。子どもらがし
っかりしてるさかい、何とか行けるやろ~』と言うのです。
 なんとのんきな気楽な気性なんだろうと私は、呆れ返っていました
それから私の記憶によると、一度も暗い顔つきや苦しい事情など母
の口からは聞いたことはありませんでした
。兄弟の援助を申し出ることもなく、私たち四人の子を鍛えに鍛えて
、喜三次に愉しそうに育てられたとおもいます。これについては、これ
から順にお話ししていきます
 父がなくなってから、母の真骨頂が発揮されたのかもしれません
。ゆったりと”はんなりおしやす”が現れてくるのでした
     。この続きは、また明日。

古典に学ぶ

     古典に学ぶ
おはようございます。今日は、中国4千年の歴史を持つといわれ

ている”神農本草経”と”皇帝内経”についてかいていきます。

その昔、人々は何を食べていいのかどの水が安全か解らず、腹を

こわしたり、ときには死に至るなど危険な状態で暮らしていたと

き、神農と呼ばれる優れた王が誕生しました。その王は、川や池

の水を飲み身体を通して調べ、また草や木の実を食べその良否を

判断し、薬効をも知らせ、農耕を教え、人々が安全に朗らかに暮

らせるようにしたのが、今日”神農本草経”として漢方の原書と

いわれています。今でも中国伝統医学では、農医が最も優れた医

者であるといわれる由縁です。神農は、多いときは、1日に50種

以上の草を食べ、敏感にその薬理作用を調べたとあります。そう

して人々は安全で豊かな生活ができるようになったということで

す。又時代が下って社会が豊かになると、所有欲によって病気や

怪我や争いが起こるようになったときに皇帝と呼ばれる優れた王

が誕生します。この王は、臣下に岐伯というこれも最も優れた医

者と問答形式で、日々の養生法や鍼灸の基礎となる経絡的な洞察

などを顕わし今の漢方の原書といわれています。その内容は今の

私達の身体のあり方や考え方、養生法に到るまで参考どころか、

そのまま使えるので、驚いています。人間の原理原則は、変わら

ないものなのかもしれません。本日はこれまで。(^0^)(明日に続

きます。)
プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。