スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台所は薬箱 その1

   台所は薬箱 その1

毎日毎日、台所で作る料理を食べてこの体を作って

いますね。中国医学でも、食べ物は上薬として最も

大切に考えています。西洋医学の祖ヒポクラテスも

言明しています。“食べ物で治せない病気は治らない”

と言っています。その台所こそ“生命の発現”する所で

あります。芸術を生み、経済基盤を学び、活動の基礎を

創りだす社会的な最も小さな単位とも言えます。

 その台所で営まれている食材の薬理効果や季節感を

一つずつ書いていきます。拙著、台所は薬箱をベースに

季節の行事やコラムも入れつつ食材の大切さを書いてい

きますので、宜しくお願いします。

<じゃがいも>

ジャガイモの薬理効果でお得意は、消化器系の粘膜に

働きかけるものです。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、アレルギー、とびひ、

便秘、虫下し、火傷、捻挫、打ち身、リウマチ、高血圧症、

喘息などなど幅広いのです。

(手当法)

・とびひ、水イボ =じゃがいもの皮をよく洗って、

皮ごと擦ってガーゼで絞って、その汁を患部につけると

改善が早く枯れてくる。

(食箋)薬理効果の上がる食材の使い方 所謂食薬

・胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、=上と同じように

皮ごとで、たくさんのジャガイモを擦って絞り、その

絞り汁を土鍋に入れ火にかけて、焦げ付くまで仕上げる。

※いずれも、多くの人々に体験していただいてきました。

食の素晴らしさに出会っていただける機会にしてくだされば

嬉しいです。

 詳しくは、本やスタートコースで学んでくださると

驚きの発見に繋がると思います。
スポンサーサイト

からだのメンテナンス

    身体のメンテナンス

一生使っていくこの体を愛し、手入れをし、有効に心地良く

使っていますか。車なら、2~3年に1回はメンテナンスをし、

部品の交換から、日々の手入れも必要です。ところが体となると

、故障の信号がこようと、ちょっと休めのサインがこようと知らん

顔ということありませんか?あって当たり前のこの体も50~60年

になると、どこと無く不具合が生じてくるものです。足腰の弱りを

はじめとして、顔にはいわゆる“カラスの足跡”なるものも至る所

に出現し、皮膚のはり戻りが悪くなると、慌てて何かを施しても既に

“遅し”です。そうなんです。日頃のお手入れがモノを言うのです

。ほんの少しの心がけで、1年もすれば見違えるように快調になる

ものです。お手入れ7ヶ条のお勧めです。

その1 入浴中、顔のラインに沿って指先で、ツルツルと洗う

でもなく、触っていく

※ この時決して強くしないで、自然なゴミの引っ張り

出しを促す雰囲気でします。

その2 就寝前、足の裏から太もも、肩から腕指先に至るまで

ユルユルとマッサージします。今日一日の感謝を込めて。

その3 食事をする時は、口に入れたものがドロドロになるまで、

甘みを十分引き出すように噛みこんでいきます。この成分が体の

隅々まで行き渡り喜ぶように。

その4 朝の洗顔は、冷たい水で丁寧に顔のラインに沿って

何度でもすすぎます。終わりには軽くパッティングします。

そうそうニッコリ笑って、今日一日のテーマも約束します。

その5 朝の洗顔後は、軽く屈伸運動と背伸びの運動をして、

散歩に出かけます。小鳥や木々の緑を満喫しながら、颯爽と歩きます。

その6 仕事や作業の90分に一度は休憩時間を取り、姿勢を

変えます。目を閉じるのもとてもいいのです。

その7 時々入浴中、強いシャワーを頭のてっぺんから、

耳の周り、目の周り、首周りを丁寧にかけます。

※ 順不同でしたが、私が実行している中でも、

これが慣れてくると良さが確認できたものを書いてみました。

  お試しあれ!

秋から始める冷え解消法です。

     秋から始める冷え解消法
 
 雨台風のあとは、急な気温低下がやって来ました。この時

期にしっかりと冷え対策をいたしましょう。お風呂も楽しみの

一つになってきます。そこで、”秋から始める冷え解消法です。”
 
血流を良くしておくことは、病気にかかりにくい体作りと同時

にいろんな発想も湧いてくること請け合いです。

(ホラッ、頭のよいことを血の巡りが良いって言いますでしょう。)

冷え解消法

 1,半身浴(必ず、上がる前に冷水を下半身にかけましょう!)

 2,足指回しと足指グッパー(足をグーのように指を中に丸
めて、次には思い切りよくパーをします。)朝これをゆっくり
するだけで、目覚めよく、血の巡りが良くなります。

 3,逆立ちか肩倒立(腰に手をおいて、肩は床についたまま、
足を挙げます。自転車こぎスタイルの足をまっすぐに上げた
状態です。)

 4,呼吸法(腹式呼吸)7つ吐いて、7つ吸って3つ止めます。
この繰り返し。

 5,全身をナデナデします。

 1つか2つ(もちろん全部でも、いいですね。笑い)を習慣づ
けると、次に増やして、これらを生活の一部にしてしまうと、
体のの感受性を高め、冷え解消になり、余分な脂肪がつきにくく
なります。(誰ですか?つきすぎた脂肪も解消できますかと
聞いた人)もちろん!続ければ、解消するでしょう!

第二弾シャワー療法

今日は、ちょっと暑くなりましたね。長袖の厚めからいきなり半袖

になると、身体も気持ちも軽くなったような気がしました。昨日念入

りに頭、肩、背中、腰までシャワーをして、ついでに目や前側の首回

りをしました。思いのほか気持ち良く、目の疲れもとれた気がします

し、ココロナシカ声の出も良くなった気がします。これもオススメで

す。更にリンパのところにも(脇、首の横まわり、ソケイ部)充分に

あてました。すると、身体全体が、軽くなりました。いつもは、習慣

で、シャワー療法をしていましたが、ブログに書いたことで、感受性

が高まったようです。”笑い”このシャワー療法の良さは、自分で、

調節できることですね。お試しあれ!!
  第二弾シャワー療法

頭スッキリシャワー療法

頭スッキリシャワー療法
 おはようございます。朝しゃんではなくて、頭がスッキリしないときにお勧めなのがシャワー療法!!春から夏にかけては、気温の変化が激しくて身体も頭もスッキリしないことが起こりやすいもの。
そんな時のオススメが、ちょっと強め高めのシャワーを頭から後頭部背中とスッキリさせたい箇所に長めにあてていきます。これは、血流を良くし、乳酸などを分解したり、凝りなどを早く解消してくれます。疲れすぎて眠りが浅く寝付きが悪いときにもオススメです。リラックス効果もあります。身体の背面(後頭部~仙骨)をなでるだけでも、気持ち良くなります。リラックスするβエンドルフィンやエンケファリンが出ると言われていますね。それをお湯ですると、連続して自動的に行うことができるのです。お試しあれ!


 
プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。