スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はんなりおしやす あんたは、肩が、悪いなあ  ③

     あんたは、肩が悪いなあ~

 私が、小学校六年生の時、父が交通事故でなくなり、私の6歳の
時から住み込みで働いていた母が、帰ってきました。父の通夜の
日、母の姉(叔母)がやってきてくれ、何くれとなく今後のことや私
たちの将来について、相談をしていました。聞くとはなしに聞いて
いました。
 叔母は『あんたも、よくよく肩が、悪いなあ。利っさんが商売に失
敗して、奉公にやられて、それがまたこんな、早ように死んでしま
われて。四人の子はどないして育てていくんや?』と心配している
のです。母は、『まあ、わての人生こんなもんやろ。子どもらがし
っかりしてるさかい、何とか行けるやろ~』と言うのです。
 なんとのんきな気楽な気性なんだろうと私は、呆れ返っていました
それから私の記憶によると、一度も暗い顔つきや苦しい事情など母
の口からは聞いたことはありませんでした
。兄弟の援助を申し出ることもなく、私たち四人の子を鍛えに鍛えて
、喜三次に愉しそうに育てられたとおもいます。これについては、これ
から順にお話ししていきます
 父がなくなってから、母の真骨頂が発揮されたのかもしれません
。ゆったりと”はんなりおしやす”が現れてくるのでした
     。この続きは、また明日。
スポンサーサイト
プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。