スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の原因を探る

       病気の原因を探る

 おはよう御座います。多くの人々は病気になったら、その
病態を治してもらおうとしますが、実は原因は人によって様々
なんですね。治す本質は、原因の洗い出しと新たに健康にな
る新しい習慣形成が必要です。体のバランスを崩す過ぎたも
のを洗い出すと、腑に落ちて治す対策が立つのです。
 それぞれに原因は違うのに同じ薬を飲んでも効き目は変わ
るのです。やじろ兵衛の原理と言えば、わかりやすいと思います。
原因が複雑に絡んで、対策が講じられないときは、まず力を高め
る食事療法や運動が早道です。体と心の働きは密接な関係にあ
ります。例えば、なにか心にいつも引っかかっているものがあると
すると、消化能力が落ちてしまいます。意識がそのエネルギーに
ばかり使われるからです。また唾液の分泌量も下がります。
 脳はとても単純なので、使われている意識が一番必要だと判断
してそこへエネルギーの供給をしているだけなのです。
 東洋医学で言われている心身は一如の中身を例にとると、
“例えば、疑り深い性格だとします。いつも人の行動に意識が
働いて自分自身の身体への供給が後回しになり、ストレスホル
モンを出して、副腎や腎機能を傷めやすいのです。従って、腰痛
症になったり、アレルギーや腎機能障害を起こしやすいのです。”
それでは、自立的にこの洗い出しをする方法を書きだしてみましょう。
1, 心のゴミ出しーストレスの原因や人間関係
 簡単な言葉にする。又はどうなりたい自分がいるか言葉にする。
2, 食べ過ぎや飲み過ぎを洗い出す
どんな時、過ぎるのかパターンを見つける。
3, 働き過ぎや規則正しい生活の見直し。
どんな時働き過ぎると感じるのか。規則正しいと感じる生き方とは、
どのようなことか
4, 運動不足やクセのある体の使い方の点検
歩かなくなってどのくらいか。座り方や足の組み方の点検。
5, 情緒的な心のマヒがなかったか
孤独感や疎外感を感じたり、寂しさや哀しみをいつ頃感じたか
6, いろんなことを選択する喜びや自己責任の原則を活用
していたか一つのパターンにはまり込んでいないか。自分の人生
といえるか
7, 知的好奇心や興味のあるものを閉塞していなかったか
趣味や興味のあるものを探したり追求したのはいつだったか
8, 家族や友人たちとの関係を楽しんできたか
家族がどんな時、喜びや哀しみの顔をしたのか記憶にあるか
9, 悔いのない人生を生きてきたか
いつこの命が終わってもいいと言える毎日か
10,幸せや充実感を感じて生きてきた
※これらを点検して、紙に書き出し、生き生きできる新しい習慣
を導き出す。
この時大切なのは、実現可能なちょっと力のいるときめくものを
決めるといいものです。病気で無い方も挑戦してみてください。



スポンサーサイト
プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。