スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

j自己責任の原則

    自己責任の原則


先日京都駅周辺の歩道を歩いていたら、突然後ろから

自転車に手の甲を当てられびっくりしました。

 前を見たら、一瞬その自転車に乗った男の子が振り

返ったかと思っているとあっという間に人混みの中を

滑るように逃げられてしまいました。腹がたちました。

痛みもさることながら、ウカウカ歩道も安心して歩いて

いられないと思いました。そしたら今日、小学校の5年生

の生徒が、自転車でおばあさんをはねた事件のことを聞き、

身につまされました。

 坂を全力疾走して跳ね飛ばし、脳に障害が残る重症化だと

いうのです。その保証が8000万円だとか高額で親は大変

と思うという話でした。

 自転車といえど走る凶器と言える状況が生まれるのです。

大人も子供もこのことがきっかけで危険度の認識を深めて

自己責任(子供は監督責任は親にある)の原則を明らかに

することが大切です。保証が高額だから大変なのではなく、

生命の大切さと自己責任の原則を小さい時から身につける

事が必要だと痛感しました。
プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。