スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄への道

   英雄への道

正に“ジァジァジァ~ン!ジャジャジャ~ン”で始まる

ベートーヴェンの運命と英雄のことです。ヘッドホンで

聞く機会があって、改めてその素晴らしさに触れました。

どちらかと言うとバッハやモーツァルト、メンデルスゾーン

などのほうが好きだったのですが、いつも12月は、各地で

第9の合唱団が市民レベルで組織され、演奏会が開催されるのです。

時々お誘いがあるのですが、練習会にも参加できないため、

大体は断っています。そんな中ふとベートーヴェンを聞いて

みようと思い立ちました。勿論、表題の運命と英雄です。

 第一楽章の始まりから気持ちが高揚してきました。“

耳が聴こえない”という音楽家にとって衝撃的な出来事の

苛酷さは想像を絶するものだということがこの旋律から

十分認識できます。驚きというより胸が潰れるほどの激

しいものだったに違いありません。第2楽章はその酷烈な

運命を悩みつつ悲しみにくれる様が表現されていると思いました。

時々の旋律の中で穏やかな兆しも見せつつ悲しみが一層

引き立ちます。第3楽章では、運命をも変えていこうと

する前向きな力強さが現れ始める心の拠り所が旋律全体に

漂い始めるのです。そして遂に第4楽章英雄の旋律です。

力強さがみなぎるパワーとなって旋律全体が歓喜に満ち

溢れ正に英雄的なのです。人は時として過酷な運命を引き

受け無くてはならないことに遭遇します。

 それがあたかもその人を“英雄への道”に導くかのように。
スポンサーサイト
プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。