スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心と体の取扱い説明書

 心と体の取扱い説明書 心身は一如
 
普段、心も体もあって当たり前で気にとめることなく、使用
しているのですが、ひと度何かがおかしいとなると、囚われ
てしまう厄介な存在でもありますね。別にあるわけではなく、
一人の人の持ち物なのですが、どちらかの存在が大きくなって、
日常生活がこれに占領されてしまうことが、病気といえるでしょう。
 WHOでは、”健康とは、心身ともに健やかな状態を言う”と規定
され、また東洋医学では”心身一如”と言って、表裏一体である
としています。どうも心も体もお互いが深い関係にあるので、一方
だけを何とかしようともがいても無理なようです。大概は、体だけ医
者にかかって治してもらおうとしますが、治った気になるのですが、
実際は内向させてしまい、それよりも大変な病気にかかってはじ
めて点検し始めます。風邪くらいと思っても、実は始まりである
ことが多いものです。また、うつ病や心身症でも、薬で何とか
しようと医者にかかります。まずは、生活習慣の見直しが大切です
 心の癖もこの際じっくりと点検が必要です。
周りとのバランスが、とれているか自己満足的になっていな
いか点検します。さらに個性的な自分自身の信じる生き方が
できているかも点検します。
 食べ物や生活時間帯、家族との交流もできているか、
人間としても成長できつつあるかなどもトータルに点検します。
楽しくて意義ある人生を歩めているかも、見て行きましょう。
 病気になるには、それなりの因果関係があります。
 えてして、病気をきっかけとして、その人本来の生き方にシフト
することが、往々にしてあります。かく言う私の場合もそうでした。
子供が大好きで、保育園で骨をうずめる人と言われていたの
ですが、義母の癌、子供の死、自らの病気をきっかけとして、
とうとう今の仕事を始めることになったのです。
 今となっては、このために保育園へも行ったことが今になって
わかるのです。生物の多様性と進化と食性などの視点が、様々
な方々の生き方に共感しつつ方向性を共に考えていくことができ
ると思えるのです。
 病気や事故困難は、人生のターニングポイントなのです。
 命がけの体からの呼びかけなのです。誠実にしかも、真摯に受
け止めて新しい出会いとこうどうを起こしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。