スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年の驚き

    新年のおどろきごと
 
明けましておめでとう御座います。本年もどうぞ宜しくお願い
致します。穏やかなお正月でしたでしょうか?今年も息子達
がおせち料理を作ってきてくれ賑やかな新年を迎えることが
出来ました。今年の鹿肉は、脂肪ののった妻鹿で美味しくス
テーキにしてくれました。その時息子の知り合いがなかなか
妊娠できず、不妊治療も受けても精子の数が20%に満た
いと言われていた人が、鹿肉を食べたあと、一気に80%に
達したので、医者からなんか特別なことされましたかと聞か
れたそうです。その鹿肉ですが、私たちは、野生は臭みがあ
るものと認識していましたが、ないどころか、油もサラっとして
いて、動物臭などないのです。
 息子に言わせると、”野生の動物のほうが、細菌も寄生虫も
いない”というのです。食性に則って食べているので、2%以下
だというのです。家畜は、管理されているため、かえって薬漬
けで耐性が弱っているのが現状で、60~70%が細菌も寄生虫
もいるというのです。
 その続きに更に衝撃的な話を聞きました。コンビニのおにぎり
の作り方を知っているかというのです。聞いてみると、アルファ化
された米(ポン菓子のような物)を水にさらし糊料や旨味調味料や
添加物で固めて型押ししたものが、その正体だというのです。
普通にご飯として炊かれたものが、型押しされるのではないのです。
まったく違うのです。”生きた人間の食うものじゃない”と言っていました。
私たちは、おにぎりならましかと思っていましたから、ショックでした。
外で食べなきゃいけない時は、普通にご飯を炊いて握ってくれている
おにぎり屋さんのものじゃないと食べたくないと思いました。
 まだまだショックな話は続くのですが、新年早々なので、このくら
いに致します。
 私達の野生化は、生きる力と判断力そして、生命の根幹
に必要かもしれません!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。