スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心と体の取扱い説明書 身体の賛嘆日

   心と体の取扱い説明書 身体の賛嘆日
 
身体の参観日ではありませんよ。(笑い)心から身体を喜んで
褒め讃える日にするのですが、この時は、一つ一つ丁寧にい
つもお世話になっている気持ちで、褒め讃えるのです。私は、
毎日使っているこの体で、人々の中に自立的な健康を伝え、
その技術を伝授しているのですから、特別なきもちがあります。
身体を喜んで丁寧に洗い、一月に一回は讃えるのです。勿論、
癒しや手入れもいたします。何よりも、まずは、感謝します。
 若い時は、体があるのが当たり前と随分無理を重ねてきまし
たが、たくさんの病気で入院したことをキッカケとして、身体に
お詫びを入れる体験をしてから、60兆個の細胞と仲良く一生
付き合い、意義ある人生を積んで行こうと決心したのです。
 そのカラダがあって様々な人々と出会い、体験をつむことが
できているのですから、ありがたいと思うのです。また、体は
速やかな快復力で、素晴らしいと思うことが度々あります。徹夜
を始めとして、スピードと仕事量が半端じゃない時でも、寝れば
恢復するのです。20歳くらい若い人達にも、負けないくらい働い
ても一晩眠れば恢復するのです。よく年齢のいった方にお聞きす
ることがあるのですが、”若い時は元気やったけど、この歳になる
と身体がゆうこときかんわ”と言われるのです。私は、そんなこと
はなく、疲労は恢復するなあと思っています。むしろ今は気持ちが
充実し仕事の配分や後進をどのように育てるべきかに心が動きます。
いつまでも変わらぬ働き方ではなく、若い人が自信を持って仕事に取
り組めるようにするには、どうすればいいのか悩みます。それくらい元気
なんです。つい手がでてしまうので、意識的にやめておこうとしないと
スピードがありすぎるかもしれません。ついこの間も、台所で指を切って
しまい、かなりの出血をしました。その時思ったのです。いつもなら、薄
いゴム手袋をして、さっさと洗い物を片付けてしまうのですが、この際
じっくりとまわりに頼ってみようと思いました。
 ダメでした。その日だけでした。身についた癖はなかなか思うよう
に抜けません。やはり、手が出てしまいます。あきらめて、体への賛嘆
に切り替えて、感謝とねぎらいの言葉をかけました。
 あるがまま、与えられたこの体で喜んで動かそうと思いました。
これを貧乏性というのでしょうか?相変わらず、元気なんです。
 カラダさんありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。