スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はんなりおしやす わてにも付け文あったんや

  はんなりおしやす ワテにも付け文あったんやで
 
再び、はんなりおしやすを始めます。母の3回忌が近づき
またいろんなことを思い出してきました。母の姉たちは、何
事にも、秀でていてしかも相当の美形でしたから、年頃に
なると毎日のようにラブレターが袖に入っているので、一瞥
するだけで、ゴミ箱に捨てられていたそうです。それを面白
そうに見ようもんなら姉から”そんなしょうもないもん見る暇
あったら、縫い物の一つでも上手になりおし!”と一喝され
るのが常だったと言っていました。挨拶もそつなくこなし、気
もよくつくし、商売人の娘らしく気の利いたことも嫌味なく言う
姉に比べると、本音をチラッとドキッとするくらいのことをいう
母は兄弟からも、親からも怒られることのほうが多かったか
もしれません。その割には、キラリとする程の器用さも持ち合
わせていなかったようです。
 大勢の人間関係の中で、本音をいう面白さも末っ子の特権
みたいに身につけていくのです。そんな中でも、”わてにも2~
3通は付け文あったんやで”ということがありました。私が”その
なかの一人がお父さんやったん?”と聞くと、”違うがな。どっか
の職人さんの中から選ばれてお見合いや。そやから、付け文く
んは、さっさとゴミ箱行きや!相手にもされへん””付け文するよ
うなもんにろくな者いいひん”というのが、母の実家の考え方だっ
たようです。”それでも読んだんか?”と聞くと、”読んだけど
、しょうむない内容やった”と事も無げに言い放っていました。
私が、弟の結婚式に母と共に近くの美容院に行った時のことです。
そこの先生(みんながそういう習わし)が、私に”お母さんに似たら
よかったんや。お父さん似やねんね。”とこれもヅケヅケ言われて
しまいました。要は、母に似ればもう少し美しいということなのです。
でも、そう言われるほど、母は娘の私から見ても綺麗なのです。
 母の若いころの写真を見ても、ホントに美しいのです。母に言わ
せると、”こんな時分は、皆修正すんのんや!”というのです。
 何がほんとかわかりませんが、美しい兄弟姉妹だと思います。
叔父も叔母も従兄妹も美しく聡明だなあとつくづく思いました。
 私は、父親似です。(トホホ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。