スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男と女の動的平衡その3

  女と男の動的平衡 その3

“奥様”と呼ばれることにいつも、違和感を覚えてきました。

この言葉の中に漂う安穏とした如何にも誰かの従属関係が

嫌いでした。私たちは結婚するとき、“五分と五分の関係”

という合言葉で始まりました。私も、特別の場合を除いて、

“主人と呼ばず、夫”とよんでいます。今、夫は家にいますが、

家事をしながら、しみじみと“家の中の用事は、何ぼしても

きりないなあ~、それに目立たんし。”とのたまうのです。

それでも、料理は私の担当ですが、お得意は気持よくルンルン

で作っています。私の留守中は、夫自慢が娘の口に入っています。

さて、夫の仕事ぶりは、以前にも書きましたが、丁寧かつ愉しそうに

こだわりを持ってしています。洗濯物の干し方から茶碗洗いに至るまで、

彼なりのルールがあるようです。

 私の仕事ぶりは、気に入らないようです!?。

若い頃は、縦の物を横にもしない人で、“子どもは犬でも、生む”

と言って何にもしない人でした。私は、キリキリ舞いの日常でした。

夫の母の病気の世話から、自分自身の仕事をこなしつつ、家事はすべて

私の担当でした。そのおかげで、仕事は早いし、合理的に行えるように

なっていますが・・・。笑い。

 今は夫の能力開発くらいの気持ちで、家事は任せつつあるのです。

私のこだわりを脇に置いて・・・。笑い
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。