スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治る力を見つめて ②

     治る力を見つめて②

毎年のことながら、腹水や胸水、四肢の浮腫、医療的には術が

ない方がお見えになり、私達の役割の本来的な見直しと体制の

強化を図る必要に迫られています。
 
私どもは、医療機関でもなく、治療機関でもないのです。人間

本来の治る力を引き出し、病む前より元気にその人生を謳歌す

る提案や自然療法の方法(手当て法、食事療法など)を具体的

に実践的指導する機関なのです。ところが、緊急時になって初

めておいでになるケースが圧倒的に多いのです。
 
“なんとかして~”という状態です。身体を医療的な処置に

よって身動きできないほど押さえ込んでお手上げ状況なのです。

どんなに優れた医療技術でも本人の治る力を出さなければ治ら

ないのです。身体のシステムは、適応性を発揮できて初めてその

機能が働くものですから、大事な症状を抑えこんでは、本末転倒です。

 例えば、“熱”ですが、熱は身体の中の菌や老廃物を掃除する

システムですから、汗とともに出してしまうと“痛み”や“熱”

が軽減します。いわゆる“症状即療法”なのです。人間本来が持

つ野性的とも言える“治癒反応”をしっかりと認識していただければ、

症状を恐れなくなるし、押さえこむのではなく、むしろ、手当て法に

よって、症状を促進して速やかに改善する気持ちよさに出会っていく

のです。“恐れ”と“不安”が身体をがんじがらめにしてしまってい

ると思います。“症状”そのものは気分の悪い嫌なものですが、身体

の中の緊急時を知らせる身体の治すシステム作動のお知らせなのです。

これさえ理解し、手当て法を実施すれば身体は順調に治っていくもの

です。使わなければその機能が失活してしまうのです。

 即ち、“不要性萎縮”が起こるのです。糖尿病が長期に渡るインシュ

リン投与によって、ランゲルハンス島が萎縮するように・・・。

 本当に勿体ないのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。