スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治る力を見つめて ③

     治る力を見つめて③

 人の中にどんなに素晴らしい“治る力”があるのかは、使って

みて始めて解るものなのです。病気にかかると自動的に医者にか

かるのではなく、まずは簡単なことでいいので、自らの治る力を

使って見ることをお奨めします。

 年齢を重ねると色んな所に不備が出てきます。“膝が痛い”

“腰が痛い”“肩が凝る”目がなんとなくうっとうしい“

”疲労回復が遅い“根気力が続かない”物忘れがひどい“など

など嫌なものです。
 
 これを一つずつ簡単な手当て法でもって解消していくと自信

がついていきます。”私はもう歳だから“とあきらめなければ

いけないことには、ならないのです。勿論、いつまで若いまま

ではありませんが、体力以上の知恵力があるのです。身体の使

い方にも、頭の使い方にも年齢を重ねただけの知恵力を使うのです。

使わなければその機能が落ち、使いすぎれば痛むのです。

 所謂”過ぎたるは及ばざるが如しなのです。
 
 まずは、痛み解消を伝授いたします。

1 キャベツの芯だけ薄く包丁でそぎ、アイロンがけをします。

この時、キャベツの上に木綿の布をかけ、その上からアイロンで

押し付けるようにかけます。温度は木綿のダイアルです。

2、キャベツがピカッと光ったようになった側を痛いところに
当てます。

この時、温度に注意して熱くない程度に肌に当てます。そのまま

1時間ほどは当てておいてみてください。“あ~ら不思議”さっき

より痛みがマシです。

3,もし、まだ痛みが変わらない時は、同じ事を2~3回繰り返して

行なってください。たかがキャベツ!されどキャベツ!の感覚とあ

なたの“治る力”に出会う瞬間です。

※詳しくは、拙著“台所はくすり箱”で御覧ください。当社やネット

でも買えます。痛み解消はたくさんあります。お役立てください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。