スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどん作りが面白い

       饂飩作りが面白い!

先日来息子夫婦が教えてくれた饂飩作りがパワフルで創造的

で面白いのです。小麦粉を手で揉むことすら個人差が出るの

です。ふんわりと空気を含んで、はじめの倍くらいの量に

する作業が、唄を歌いながらちょっと踊りながら小麦と対話

する雰囲気が一番うまくいくのです。ぬるま湯に塩と酢を加え

たら、3回に分けて撹拌しながら小麦粉を饂飩に仕上げていく

のです。だまはちぎってまぜ、ボロボロしていてもいいし

ビニール袋に入れて、15分間くらい寝かすのです。水分が

全体に行き渡っていれば、平らにのして2回ほどたたみ菊練り

を施すのです。生地がツルンとしてきたらまた袋に戻し、

15分間寝かします。今度は饂飩に仕上げる作業です。

 5ミリほどの厚さにのして、8ミリ程度の幅に切って

いきます。すぐに食べないのなら、片栗粉をまぶしておきます。

くっつくとほうとう饂飩になってしまいます。これからが饂飩

の醍醐味です。大きな鍋に湯をタップリと沸かして、材料の5分

の1位を2~3分でいいのです。茹でます。1番のりは一番暇そう

にしている夫に食べさしましょう。2番めは孫に。三番目は娘に。

四番目は息子に。漸く私たちの番です!最後、ヌメヌメと湯の中で

十分泳いだ饂飩が絶品です!やはりぶっかけが一番美味しいのです。

私は、1はし目はぶっかけで、その次はごまとしょうが、葱で頂き

ます。では分量をご披露いたします。お作りください。休みの日の

イベントに持って来いです。特に梅雨が始まる時期にお家で楽しん

でくださいね~

 申し遅れましたが最後の饂飩がもっとも美味しい。めちゃ旨い

のです。だからこそ、譲りながらいいとこを頂くのです。


<材料> 国産強力粉 250グラム ぬるま湯(30度くらい)

    110~120cc
     

     塩 6グラム 酢 6cc 片栗粉 適宜
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。