スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直感力の源泉

    直感力の源泉

直感力が働くには、遺伝的なものも関係すると思うほうが

自然でしょう?以前も書いたように生物進化の過程で獲得

してきた様々な機能を紐解くのが早道だと思います。

  五感を見て行きましょう。

1. 視覚 外界から入った光を角膜、水晶体、

硝子体を通り、網膜から視細胞を刺激して認識感受して

初めて見えたということになります。この一連の働きが

瞬間におこなわれているのです。

2.聴覚 外からの音を集めてその音を鼓膜に伝えて、

音の振動を聴覚神経に伝えて初めて聞くことができます。

3.味覚 水溶性化学物質に対する感覚で、基本的には

五味(塩味、酸味、甘味、苦味、旨味)を味蕾が味細胞に

ある受容体に作用して舌神経~鼓索神経~顔面神経~舌咽

神経~延髄~視床~大脳皮質頭頂葉の味覚野に到達して

はじめて味を感じるのです。

五基本味以外のアルコールや炭酸飲料、辛味などの化学的

刺激や温度感、舌触りなどの物理的刺激はダイレクトに

大脳皮質味覚野に伝達します。


4,嗅覚 嗅細胞は匂い物質である揮発性化学物質の刺激で

興奮する感覚細胞(神経細胞)で、その他の匂いは、嗅細

胞の嗅線毛によって微妙な匂いを識別する。40万種もの
  
識別が可能と言われている。

5、体性感覚 皮膚の受容器には、触覚、圧覚、振動覚、

温覚、痛覚などがあり、これらの感覚受容器から知覚神経

脊椎後角~視床~大脳皮質体性感覚野に達すると感じると

いうことになるのです。

 他にも深部感覚(運動感覚、位置感覚)、内臓感覚(内

臓痛、空腹感、満腹感、口渇感、吐き気、便意、

尿意など)もある。


※こんなにも複雑極まり無い経路を一瞬にして伝えて、

生きることをスムーズにしてくれている人間の構造や

機能を簡単に切ったり、放射線で焼いたり、細胞の力

をないがしろにするきつい薬を使っていいものかどう

かも考えてみることが大切です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。