スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台所は薬箱 その2

  台所は薬箱 その2

実のところ、食材の特色を活かしてニックネームを

つけていて、それを書くのを忘れていました。

 ジャガイモは、やんちゃ坊主です。何故かというと、

皮にソラニンという毒が含まれているのですが、これが

焼くことで、薬理効果が上がり、皮膚粘膜の解毒剤に

なるのです。所謂、思春期の荒れも使い方で立派な青年

になることと同じと見做してやんちゃ坊主と致しました。

さて今日は、“愛の女神のキャーベッツ嬢”です。

薬理効果は、肝硬変、高血圧症、不眠症、うつ病、

リウマチ、痛風、坐骨神経痛、胃潰瘍、気管支炎、

便秘、声嗄れ、美肌効果、貧血、食欲不振、健胃整腸、

咽頭炎、トリコモナス膣炎、虚弱体質、乳がんの痛み改善、

などなど豊富な作用があります。

<手当法> 痛む所ならどんな時、どんな所にも張って

見るべし

キャベツアイロン罨法=芯の所を取り除き、キャベツの

上から、あて布をし、アイロンを高温でかける。光った

方の面を患部に当てておく。痛みが緩和されたらとる。

痛みが続くようなら繰り返すと良い。

<食箋> もうおわかりですね。そうです。食べ物薬

のことです。胃潰瘍、気管支炎、便秘、声嗄れ、美肌効果、

貧血、食欲不振、健胃整腸、肝硬変、女性ホルモン過剰の緩和に

キャベツの生汁=キャベツをみじん切りし、すり鉢でよく擦って、

ガーゼで搾る。この汁を1日3回食前30分に30cc飲む。

※これはほんの一部を紹介しています。分子レベルの

栄養成分や働きについては本を見てくださいね。

今回の愛の女神という表現はおわかりいただけたかと

思います。たかがキャベツされどキャベツの幅広い

愛の女神という女性ホルモンともかけています。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。