スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台所は薬箱 その4

   台所は薬箱 その4

試してみないとわからないのがこの世界の面白いところ

でもあり、醍醐味でもあるんです。たかが野菜されど野菜

なのです。なにか困り事がなければ、人はやってみようと

思えないもの。即ち困り事こそこの世界の面白さに出逢う

チャンスです。やってみるべし!

 本日は、“文学青年小松菜君”の登場です。!

 青い菜っ葉は、分子構造が人間の血液とほぼ同じ型で、

僅かに中心のマグネシウムが違うのみです。フランスの

ケルブランの理論で言うと、体内でマグネシウムが鉄に

原子転換するというのです。

 青白きインテリというほど、緑の色鮮やかな小松菜は、

造血や抗酸化作用も持つ優れものです。静かだけれど、

こんなにも力のある野菜はないのです。人は、言葉の力

によって、大きな力を得ますね。動機づけを得て、行動が、

変わります。

<薬理作用>

肝臓、高血圧症、貧血、風邪、結核、しもやけ、ひび、

あかぎれ、病後の恢復、頭痛、などなど。

<手当法> 肝臓や膵臓の疲れ、弱り、頭痛など。

洗わずに包んだ小松菜を患部に当てておく。1~2時間以上。

<食箋> 上記全てに有効

 小松菜を洗い、これを包丁で細かく刻んで、更に

 すり鉢で擦って、これをガーゼで絞った汁を飲む。

 1日2~3回。1回30cc位。

  ※ 他にも、療法多数あります。試してみるべし!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。