スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教と信仰について

   宗教と信仰について

私は、若い頃から幾つもの仕事を持ち、睡眠時間も少なく

イライラしながら日々、送っていました。思い通りになら

ないことばかりで、苦しい生活を続けていました。

 そんな時、心の拠り所となる宗教に関心を持ち始めました。

 “おかげ宗教”から、“悟りを開く宗教”まで様々な精神的

拠り所が在ることに興味を持ち始めました。人は、なにか困り

事がなければ、自分の生き方を問いかけることがありません。

病気や不幸な出来事から何とか逃れたいともがきます。そんな時、

聖書の中の一節や仏教的な言葉によって、道を開いてもらったよう

に感じて、一心に努力する瞬間がありました。

 後々考えてみると、何という知恵と叡智だろうと感動しました

 宗教とは、教祖、教義、聖典、があり、原始宗教(アニミズム)、

民俗宗教(ユダヤ教)、世界宗教(仏教、キリスト教など)などの

分類があります。

 “おかげ宗教”とは、困りごとの解決が人智を超えた力で

信仰によって、なされたと感じる時の啓示的な働きをいうのです。

 “悟りを開く宗教”とは、内なる仏心や信仰の力によって

、深遠なる知恵が湧いて、困りごとの解決が自分自身を高めたり

深めたりといった本質的な理解や解決に至ることを言うのです。

 形骸化された宗教団体や新興宗教団体には、全く興味があり

ませんが、“覚”(悟り)に至る叡智や聖典は必要だと思います。

 “啓示”的な事は、ある時、切羽詰った状況で真摯な問いかけや

行動によって、起こっています。

 それは普段から培われる行動(瞑想や座禅など)や人事を

尽くす習慣、身体レベルの柔軟性、物事の観察力、自利利他

円満の思想などが必要だと思います。

 信仰とまでは行かなくても、一日に一度は自己の中心点

(臍下丹田)に心を落ち着けると、不思議に知恵と叡智と

アイデアが湧いてくるものです。やってみるべし!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。