スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人では生きていけない

  人は一人では生きていけない!

進化の過程や腸内細菌のことを学ぶと、決して一人では

生きていけないことを実感します。ちょっと、マクロな

話になるのですが、46億年前、地球誕生から、40億

年前生物が誕生し、5億4千年前爆発的に生物が多様化し

たのは、自己複製能を獲得でき、微生物と共生できるように

なったからだと思います。
 
人間が60兆個もの多細胞生物として存在するには、

微生物との共生に成功した結果として在ると思います。

言い換えるなら微生物のお陰で生きることができている

とも言えるのです。なんと!腸が進化してすべての臓器が

できているのです。その入り口には、微生物と常在菌叢に

よって守られ、分別され、吸収され、生命を営んでいるのです。
 
リチャード。ドーキンス(動物行動学者)いわく“生物は

遺伝子を効率よく増やすための装置である”と言っていますが、

私は、“共生”という仲良しの思想が生物の多様性と進化を生み

、遺伝子を効率よく動かしていると思います。
 

具体的な話は、これからのセミナーや実習会で話していきます。

このことは、レイチェル・カーソンが、“沈黙の春”や“

失われた森”の中で、すべての生き物の共生が地球にとって

大切なことを教えてくれています。
 
 今年は“甲午”の年です。土の中にあった種が、土を破

って頭をもたげるさまを甲の字になぞらえ、午は地平に

陰陽が爻わることを表しています。何年にもわたって土の中で、

栄養と時を待っていた種が、芽を出し、大きく育つためには、

いろんな事を経験しなければならないでしょう。

 その始まりを告げているようです。午は仕事をも表します。

時刻で言えば正午です。明らかであることとも言えます。

革新的であり、明らかな年の始まりでもあります。多くの

人々とともに共生しながら、元気な一年を創っていきます。

  どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。