スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋の古典に学ぶ

     古典に学ぶ

おはようございます。ネタがありすぎて情熱的に書けず(^0^)時々

頓挫します。忙しいは、”心を亡くす”と書くので、言い訳した

くないのです。ゲーテ様の言葉を書いたとき、余りに程度が低く

後で落ち込みがあって、ブログを書く気がおこりませんでした。

 皇帝内経素問の中から、金匱真言論(五行と陰陽)から抜粋
 
夏は心(経絡)がよく働くので、適度に運動して発汗するのが

良いとかいてあります。これは、分子矯正栄養学においても、大

切なこととされ、汗によってしか有害金属類は、体外排泄しない

ともいわれています。さらに夏になっても心が働かないと胸脇部

の病気になると書いてあります。夏でも汗の出ない人、夏でも冷

えるひと、低血圧の人はこの時期に体質を変えてしまうことが、

大切です。例えば、第一大根湯(大根おろし大さじ3,生姜おろ

し小さじ1、醤油小さじに20分煎じた棒番茶400cc)を飲ん

で汗の出る身体にしてしまいましょう!また、暑くても、冷たい

ものを余り摂らず、汗の出るものを努めてとるようにします。
※全くではなく、少なくです。

心臓病が持病である人も、適度に苦みのあるゴーヤーや鉄火味噌

をとり、冷たいものでなく、ぬるめのものをとります。

この夏全ての人々にお勧めは、梅干しの常食と鉄火味噌、ゴーヤ

ーです。いい汗かいて、秋を元気に迎えましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。