スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古典に学ぶ

                    古典に学ぶ

 おはようございます。再び、黄帝内経素問の中から、陰陽応象大論のなかから,感情と病気との関連を書いていきましょう。
 
人間の中の喜怒哀楽の感情と病気が密接だということを分子栄養学的にも解いていきましょう。
 
(陰陽応象大論)

 ① ”怒りすぎる気が上昇し、肝が弱って風気を受けやすくなる。風を受ける手足の力が抜け、めまいをおこす。”とあります。これは、感情が高まると、戦闘ホルモンであるノルアドレナリンが分泌されて血液が凝固しやすくなり、また副腎皮質ホルモンの分泌も刺激を受け、体内の状況が緊急時の発令を受け、この状況が終わると、気が抜け、一時的にも低血糖を起こすので、手足の力が抜けたようになるのです。階段から落ちそうになって、びっくりして、真っ赤になったあと、気が抜けたようになった経験があなたにもおありだと思います。これも、この状況の一つですね。

 ② ”喜びすぎると陽気が浮き上がり、心が弱って暑気を受けやすくなる。暑を受けると身体内に熱がこもり、腫れ物ができる。”とあります。これは、気持ちが高まり過ぎて、心臓の働きが活発化し、血流が異常になって、血液の供給がスムーズにいかなくなります。、こんどはアドレナリンの分泌で、血液が滞りがちで、腫れ物を生じやすくなるのです。

 ③ ”憂い過ぎると胃の陽気が働かなくなる。陽気が不足すると胃に湿気が多くなる。湿気が多くなる。と下痢をする。”とあります。これは、あれやこれやと気を使いすぎて、文字どおり迷走神経が働いて胃の働きが落ち、喉が乾きがちになり、水気が消化器に滞留して、冷えたように下痢をするのです。これは、神経の使いすぎによる分散されたエネルギー不足でしょう。
 この続きはまた明日(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。