スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はんなりおしやす  飛べるか、 飛んでみたんや

   飛べるか、飛んでみたんや
  母が、もう二年もすれば、80歳という時正月休みに私
の家へ遊びに来た時のことです。食事の用意で忙しくし
ている私を少しでも、助けてやろうという気持ちから、『わ
て、暇やさかい、洗濯モンといれてきまっさ(洗濯物を中
に入れる)』と言って、二階へ上がっていきました。しば
らくすると、大きなものが落ちたような、”どっす~ん”と
いうものすごい音がしました。直ぐに下の子供を見に行
かせました。すると、二人で笑いながら階下に降りてき
ました。私が、『どうしたんや?』と聞くと母も笑いながら
、娘が『おばあちゃん言うたらすごいで~、この格好でベ
ランダから飛ばはったんやで~』というのです。私は、『そ
んな無茶なことせんといてや~』というと母は、『わて、着
物でこの段差飛べるか、飛んでみたろと思たんや!びっ
くりさしてしもたなあ』といたずらっ子のように笑うのです。
 私は、『なんぼ何でもそれは、無茶や!歳考えて行動し
てや』というと母は、『人間は、自分にできると思うことしか
せいへんもんや(思うことしかしない)大丈夫や!』というの
です。なんと大胆な母親だろうと思いました。
 しかし、その真理は後に私の判断のもとになって大きな
支えとなるのですが……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。