スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はんなりおしやす 母のはんなり料理

    母のはんなり料理!
 母は、お料理上手でした。『わては、なんにも取り柄のな
い人間やけど、お父ちゃんも料理だけは”旨いなあ”という
てくれはったなあ』と言っていました。和食、洋食、漬け物、
梅干し、らっきょう漬け、塩昆布、何でも手作りしてくれました。
 不思議なことは、”残り物を食べない人”でした。大抵の場
合、母親なら残り物で済ます所が多いものですが、ましてや
貧乏で父親のいない家庭なら、当たり前のように思うのです。
 母は、朝のお味噌汁にしても、人数分をお椀で計り作ってい
ました。お弁当のおかずも朝、自分で自分のおかずを作るよう
に言われて育ちました。朝の体調や気分で食べたいもの(材
料は限られてはいますが……)を作るようにとのことでした。母
は、季節感のあるものを変わらず調理してくれました。
 でも、ある日突然、”ポテトパタタ”というどこかの国の料理
をしてくれました。ジャガイモ入りのハンバーグみたいな超デ
カサイズ(直径30センチ)のものです。*知っている人があり
ましたら、教えてほしいです。*ただの一度きりでしたが、今
までとは違う美味しさでした。『またしてほしい』と言ったら
、『欲しかったら、あんた、自分で作りよし!』と一喝されてオシ
マイでした。
 どんな材料も調味料も決まった所で購入するのが母流で
した。昆布は利尻、醤油も濃口はキッコーマン、薄口はヒガ
シマル醤油、味噌は正面市場の赤だし味噌、みりんは三河
といった具合です。年に1~2度ご馳走の時も、牛肉は松阪
牛の特選、うなぎも浜松の〇〇。と決めていました。夏の漬
物は、きゅうり(4~5時間漬け)なす(半日漬け)の浅漬で
時間も必ず、かぎられていました。塩昆布も、柔らかくて、
味も濃すぎず、薄すぎず頃合いのいいものでした。母の煮
物は、絶品でした!料理研究家でもある私ですが、これは、
今でも超えられていません。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。