スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はんなりおしやす 行動派の母

     行動派の母
 以前母のことで、材料や調味料は、決められ

た所のものを買う習慣があると書きましたが、その味もどう

やら時代と共に変わってきていました。正面市場の赤だし

味噌もおやめになり、ヒガシマル醤油もキッコーマン醤油

も母の記憶している味ではなくなってきていました。そんな

頃私が、自然な醸造の味噌、醤油、そして、合鴨農法の米

をもっていきました。”さすが”です。それを口にすると母は

、次にはなくなると『あんた、この間の醤油、持ってきてんか

!』というのです。私は、親からお金をいただこうとは思いも

しないのですが、母は、『一回めはもうとくけど(頂く)これか

らは、お金払いまっさ。そやないと、身につかん。美味しもの

でも、体が喜ばん』とはっきりしたものです。母は、余分に何

でも買っておくのを嫌がる性質(たち)でしたから、ホンの少

し前に言うのです。私は、出張などで留守にすることもしば

しばあり、すぐにはいけないことがありました。今日のよるは

母の所へ行こうと思っていた日、母が、空になった一升瓶を

さげて、京阪電車とバスを乗り継いて、私の店にやってきた

のです。私は、びっくりしました。時間がかかることもさること

ながら、公共の乗り物に乗って、カラの一升瓶を下げてきた

のには、恐れ入りました。私は、深くお詫びを言って、母をク

ルマで送ろうとしましたが、『あんたは、仕事おしやす。わては

、大丈夫や。』というのです。私は、『いくら何でも、重いし、そ

れにその歳でなんかあったら私が、困る』と言って、仕事が、

一段落するまで待ってもらい、母をクルマで送りました。それ

からは、どの期間でなくなるか検討をつけて、私のスケジュ

ールも考えて、早めに持っていくようにしました。それは、母

が、確か85歳だったと思います。行動派で、自由人の母を持

つと、子供が大変です。そういえば、叔父(母の兄)も97歳ま

で、自転車に乗っていて、ご近所さんから”おじいさんが自転

車に乗ったはるのが危ないという苦情が出て、家のもん(人)

がやめさした。”というのを聞いたことがありました。この叔父

は、100歳まで長生きしました。母は、98歳でなくなったこと

を始めにお話ししましたが、いずれにしても、母の兄弟は長

生きしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。