スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はんなりおしやす あんた、おきもんに使われてんのか?

   あんた、おきもんに使われてんのか?

 母を私が、引き取って一緒に住むようになって、間もなく

退屈しのぎに私の店へ遊びに来た時のことです。私は、

ひっきりなしに鳴る電話の応対に追われていました。昼

になり、母にも昼食の用意をしながら、食事もそこそこに

電話が鳴ると、いの一番に立ち上がって、応対していました。

他のスタッフにしても、自分が応対するより、私がする方が

的確な答えをすると考えていたようでした。

 どんな時も、慣れない答えをするよりも、みんなは私の答え

を待っていることを知っていましたから、それが当たり前に

なっていました。遠く外国から、お尋ねの時もありますので、

時間を大切にしたいなと思うものですから、狭い会社の中の

こと、取り次ぎよりも、ダイレクトだとも思い、取り決めたこと

もないのですが、そのようにしていました。それをどうかしよう

と考えたこともなかったのです。ふと見ると、母は、いつの間

にか、家の方角へ向かって歩いていました。母は、忙しくして

いる私を煩わしてはと思って帰ってくれたんだと思いました。

 家に帰るなり母は、『あんた、おきもんに(使用人)使われて

んのか?』と不機嫌に言うのです。私は、『えっ、』と言っても二

の句が告げませんでした。どう答えたらいいのか思いまどいま

した。母の頃とは、時代も価値観も変わってきていますが、今

のままでいいとは思いません。どだい一人でできるものは知れ

ています。スタッフのレベルアップ以外ありません。

 これは、代表者である私の責任です。母には、『今日は、忙

し過ぎたんや。取るのが早い私が、ええカッコして取り過ぎた

かもしれんな。』と言い訳しました。言ったものの、これは、根

本的に解決しなければ、これからのひまわりの発展はありま

せん。私は、早速にミーティングで、スタッフの講座参加と電

話応対のトレーニングを強化しました。以前から、個々には、

トレーニングしていましたが、バラつきは否めません。基本的

に一般電話は、私は取らないようにして、難しい相談電話をす

るようにしました。それからしばらくして、相談電話もスタッフ

ができるようにトレーニングしていきました。そうなると、スタッ

フのレベルが、少しづつアップしてきました。やはり、母は私

の抵抗勢力です。私は、以前の仕事場で、嫌というほど女の

職場の狭さを経験してきましたから、ちょっと履き違えていた

かもしれません。自分が動けば、周りも動くものと勘違いして

いました。経験のないものは育たないのです。誰かがしてしま

うことは、その経験を奪うことでもあるのです。日本の社会は

特に”気を使うこと”と”親切にすること”が美徳であるとする

風土があります。これは、人生を狭くする要素も伴います。

 それとお互いに分かり合うものという前提が暗黙のうちに

出来上がり、はっきり表現することがしばしば省かれてしま

うおそれもでてきます。この習慣を打ち破るのは、勇気がい

ります。信頼と根気と情熱がものをいいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴのこ234

Author:ぴのこ234
ようこそ!
治る力の市川加代子
勇気と希望と元気の源
台所はくすり箱

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ひまわりのホームページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。